Top > 今も続く「景気」と「所得」の乖離2

今も続く「景気」と「所得」の乖離2

古舘:例えば、税収が上ブレしてましてね、これはやはり3兆円とか上ブレすると。そういうことが起きていれば、そこで当然、法人税収も上がる、それから、駆け込み需要とかそういう原因があっても、結果税収が上ブレした。これはいいけれども、これをパッとまた、景気対策と称して公共事業に使うとか、それから法人税減税の方の財源確保に使うっていう、そればっかりやると、財政再建出来なかったら、大変なことになっちゃうという、そこを見なきゃいけないし、生活実感を考えればっていうことが大前提ですよ。
これ多角的に見ないと、おかしなことですね。

國分:いわゆる、マクロ経済的な筋だけでは、簡単には判断できないですよ。

古舘:マクロ経済、マクロ経済っていうだけじゃないですからね。色んな見方があります。
幡ヶ谷の整体

関連エントリー
カテゴリー
更新履歴
ウェーブのかかった健康的なくせ毛になりたい(2016年1月26日)
今も続く「景気」と「所得」の乖離2(2014年7月29日)
接骨院(2014年5月19日)
恋愛を成就させるための願掛け(2014年5月 7日)
モフモフなベビーアフロ(2014年4月23日)